笑育日記

英語が話せない一般家庭の主婦がお金をかけずにバイリンガルを育ててみようと試行錯誤する日記

子育てフレーズ:「Sorry」の返事はなんて返す?

更新日:

子育てに使えそうな英語フレーズをゆるりと覚えている にこです

 

最近ね、ちょっとしたことではちゃんと「ごめんね。」が言えるのですが

ママが、ビシッと怒るときは「ごめんね。」言えないんです。

 

 

最終的には、泣きわめくわけですが、ここでママが折れてはいけないと頑張っている日々です

でも、心が折れそうになることが多く、誰に似てこんなに心が通っている(←強情)のかしら???と頭を抱えています。

 

 

 

そんな日々なのですが、ふと、英語で「soyry.」って言われたらなんて答えるんだっけ?と思い調べてみました

 

 

今回は、sorryって言われたらなんて返すのかを勉強してみました。

 

 

sorryって言われたらなんて返す?

 

Sorryと言われて返すときによく使われるフレーズをピックアプしてみました。

 

  • That's (It's) all right.
  • That's (It's) OK.
  • Don't worry about it.
  • No problem.

 

これらは、ちょっとした「ごめんね」に対する返事のフレーズのようです。

どれも、「大丈夫よ~」とか「気にしないでね」といったニュアンスが含まれています。

 

 

我が家は、こんな感じで短いやり取りが行われていました。

 

お嬢
sorry.
にこ
It's OK.

 

 

突然、お嬢ちゃんがSorry.って言ってくるときがあるのでIt's OK.と返していたのですが

返事が間違っていなくてほっとしました。

 

 

でも、何に対してのSorry.なのかがわからない時があるので深く追求したいのですが、英語でどういうんだろう?って考えているうちに

お嬢ちゃんはもう他のことをしてしまっているので、結局、なんで誤ってきたのかわからないことも多くあります。。。

 

 

 

ママの英語力の向上がもっぱらの課題ですが、会話になれるためには対人で練習するのが大切なんだなぁって実感中です

 

最近オンライン英会話も興味をもっています(←ママ向けのね)

ワタシ的に時間の捻出が最大の課題なのですが、なんとか実現できるように頑張りたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます

☆ブログランキングに参加しています☆

ポチッと応援していただけると励みになります

にほんブログ村 子育てブログへ 

 

 

googlead336*280

googlead336*280

-子育てフレーズ
-

error: Content is protected !!

Copyright© 笑育日記 , 2018 All Rights Reserved.