子育てフレーズ

子育てフレーズ:「どこ痛くしたの?」は英語でなんという?

子育てに使えそうな英語フレーズをゆるりと覚えている にこです

 

慎重派だと思っていた我が家のお嬢ちゃん。

最近怪我が多いんです。

何故かと言うと、フィギュアスケートを見てから回転ジャンプをするようになったからです。

場所を選ばずやっちゃうもんだから、大変です。

 

ソファーの上で突然やり始めて、ソファーから落ちたり

狭い場所で突然やり始めて、棚にぶつかってみたり、、、、

 

 

 

少し目を話した間に、いた~いっ!!!って泣き出す声がよくしているのでママはヒヤヒヤの日々です。

 

 

事態が深刻でない場合は、どこ痛くしたの?と英語で聞いてみようと思います。

 

子育てフレーズ:「どこ痛くしたの?」は英語で何と言う?

 

ママ
What happened?(どうしたの?)

Where did you get hurt?(どこ痛くしたの?)

 

おじょう
ここ~

 

ママ
It hurts, doesn't it?(痛かったね)

 

 

 

hurtは「痛む」です。

 

 

あっ、ジョージの絵本でカニさんに指を挟まれたジョージに

 

「Poor George.」

 

と、フレーズが記載されていました。

 

と、言うことは

Poor 〇〇(名前).

でも、慰めてあげることができそうですね!

 

ママゴリラ

ちなみに、、、、

散々注意したあとに、やってしまったときなどには、注意するという意味の「warn」を使って表現できるようです。

 

 I warned you.(注意したでしょ(いったでしょ))

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます

 

 

\ ブログランキングに参加しています /
クリックで応援していただけると励みになります。
よろしくお願いします。


にほんブログ村へ       人気ブログランキング

-子育てフレーズ
-

error: Content is protected !!

Copyright© 笑育日記 , 2020 All Rights Reserved.