笑育日記

英語が話せない一般家庭の主婦がお金をかけずにバイリンガルを育ててみようと試行錯誤する日記

子育てフレーズ:「どこ痛くしたの?」は英語でなんという?

更新日:

子育てに使えそうな英語フレーズをゆるりと覚えている にこです

 

慎重派だと思っていた我が家のお嬢ちゃん。

最近怪我が多いんです。

何故かと言うと、フィギュアスケートを見てから回転ジャンプをするようになったからです。

場所を選ばずやっちゃうもんだから、大変です。

 

ソファーの上で突然やり始めて、ソファーから落ちたり

狭い場所で突然やり始めて、棚にぶつかってみたり、、、、

 

 

 

少し目を話した間に、いた~いっ!!!って泣き出す声がよくしているのでママはヒヤヒヤの日々です。

 

 

事態が深刻でない場合は、どこ痛くしたの?と英語で聞いてみようと思います。

 

子育てフレーズ:「どこ痛くしたの?」は英語で何と言う?

 

にこ
What happened?(どうしたの?)
にこ
Where did you get hurt?(どこ痛くしたの?)

 

お嬢
ここ~

 

にこ
It hurts, doesn't it?(痛かったね)

 

 

hurtは「痛む」です。

あっつ、ジョージの絵本でカニさんに指を挟まれたジョージに

 

「Poor George.」

 

と、フレーズが記載されていました。

 

と、言うことは

Poor 〇〇(名前).

でも、慰めてあげることができそうですね!

 

 

ちなみに、、、、

散々注意したあとに、やってしまったときなどには、注意するという意味の「warn」を使って表現できるようです。

 

にこ
I warned you.(注意したでしょ(いったでしょ))

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます

☆ブログランキングに参加しています☆

ポチッと応援していただけると励みになります

にほんブログ村 子育てブログへ 

 

googlead336*280

googlead336*280

-子育てフレーズ
-

error: Content is protected !!

Copyright© 笑育日記 , 2019 All Rights Reserved.