笑育日記

英語が話せない一般家庭の主婦がお金をかけずにバイリンガルを育ててみようと試行錯誤する日記

「耳の黄金期」って、何?

投稿日:

こんにちわ にこです

 

英語育児に挑戦しようと思っていろいろ調べているのですが、よく目にするキーワードがあります

 

それは、耳の黄金期というキーワードです

 

簡単にいうと、

 

耳の機能が発達段階である幼児期に英語を始めることで、聞き取りや発音に大きな影響を与える

 

という事のようです

 

今回は、耳の黄金期と言われる時期やなぜ耳の黄金期に早期英語教育を始めると良いのかなど、耳の黄金期について勉強したことをアウトプットしたいと思います

 

 

耳の黄金期について

赤ちゃんは、全ての機能が完成して産まれてくるわけではなく

ママのお腹から出てきて、外の世界に触れ徐々に形成されていきます

 

赤ちゃんの耳の機能が急激に成長するのは、0~3歳と言われています

 

0~3歳は、聞こえる音をどんどん吸収することができる時期なのです

 

いろんな音声によって、その環境で生きるために必要な音の聞き取り範囲を脳が決めている段階なんだそうです

 

 

必要な音の聞き取り範囲って?

 

私たちが話す言葉にもそれぞれ周波数があることをご存知でしょうか?

私は、今回初めて知ったのですが、言語には固有の周波数が存在するのです

 

私たちの母国語の日本語は130~1500Hz

それに対し、英語(イギリス)2000~12000Hzと数値でみるとかなりの違いを感じます

(※米英語だと750~5000Hzだそうです)

 

 

そもそも、人間の耳が本来聞きとることが可能な周波数は20~20000Hzほどとされているので、

日本人でも英語の周波数も聞き取れるはずなのですが、低い周波数の日本語を使っていくうちに高い周波数を聴き取る必要がなくなり、成長し大人になるにつれてどんどん聞き取りにくくなってしまうんだとか・・・

 

 

今日のまとめ

 

つまり、耳の機能が作られる期間に英語を聞き取れる耳を育てることができるかによって

その後の能力に変化が現れるということのようです

 

 

このことから、0歳~3歳までの成長期は吸収する能力が高く、英語耳を育てるのにとても重要な期間といわれ、英語を学ぶのに適した黄金期だと言われるのです

 

 

この時期にたくさんの音を聞かせることが、大切なんですね!

 

幸運なことに、私が英語育児を始めようと思った今、娘は1歳半です

0歳から始めることができればよかったのですが

まだ、耳の機能の成長段階なのに変わりはありません

 

 

まずは、英語の歌を聞かせたり、子供用の英語番組や動画を見せることから始めてみようと思います

 

1歳半から始める英語育児の第一歩が見えてきました!!

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます

☆ブログランキングに参加しています☆

ポチッと応援していただけると励みになります

にほんブログ村 子育てブログへ 

googlead336*280

googlead336*280

-英語で育児
-

error: Content is protected !!

Copyright© 笑育日記 , 2018 All Rights Reserved.