洋書絵本

おすすめ洋書絵本【英語でもよめるはらぺこあおむし】

ゆるりゆるりと英語育児をしている にこ です。

 

以前も書いたのですが、お嬢ちゃんにとって一番最初のEric Carle(エリックカール)の絵本は、はらぺこあおむしです。

 

保育園に行くようになってから、はらぺこあおむしの本をよく読んでもらうようで、すっかりお気に入り

 

 

日本語のはらぺこあおむしの絵本は持っているので、英語の絵本を買い足すかどうか悩んでいたのですが、図書館で「英語でもよめるはらぺこあおむし」の本を見つけたので借りてみました。

 

 

英語が話せないママにもおすすめ!やさしい洋書絵本

文章的に英語が話せない私にとってちょっぴりハードルが高いのですが日本語でもお話がよめるようになっている(というか、英語でもよめる)ので、読み方のわからない単語でも自分でも調べることができるので安心です。

 

 

英語でもよめるはらぺこあおむし

 

 


タイトル:英語でもよめるはらぺこあおむ

著者:Eric Carle

翻訳:もり ひさし

出版社:偕成社

 

 

 

「英語でもよめるはらぺこあおむし」の絵本は、サイズが大きいです。

ボードブックではないので、子供がめくるときに気を付けないと切れてしまう可能性はあります。

 

 

読んでみると、こんな感じ。

 

 

 

たとえば、こんなフレーズ↓

 

He started to look for some food.

 

ママゴリラ

start to ~で~し始める

look for ~で、探す

 

です。

 

 

 

日本語と英語を並べて比べることで、理解が深まりやすいです!

 

ちょっと長めの文章だと時間はかかってしまいますが、頑張って読むことができる感じです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます

-洋書絵本
-

error: Content is protected !!

Copyright© 笑育日記 , 2020 All Rights Reserved.